制御系と組込系

 

制御系開発の仕事内容

私たちの生活に欠かせない家電は、多くの情報を検知して、期待された動きをするように制御されている。炊飯器は、セットされた米と水の分量、指定されたメニューといった情報を検知して最適の状態にご飯を炊き上げるように、「マイコン」という小型のコンピューターにより制御されている。このように、家電などの機器を、検知した情報に基づいて適切に動作するように制御しているシステムを開発するのが制御系開発の仕事内容となる。

組み込み系開発の仕事内容

組み込み系開発は、制御系で開発されたプログラムを、マイコンなどのハードウエアで動かせるようなシステムとして開発することが仕事内容。スマホで例えれば、各アプリが制御系で、OSが組み込み系の担当範囲となる。
豊富なリソースがあって拡張性もあるパソコンとは違い、組み込み系開発で扱うハードウエアは限られたリソースしかありません。このリソースをいかに効率良く使ってコンパクトで低コストのシステムに仕上げて組み込むかという点に、組み込み系開発者の力量が問われる・

制御・組み込み系SE(システムエンジニア)はシステム開発をトータルに管理

制御・組み込み系SE(システムエンジニア)に求められる仕事内容は、システム開発の要件定義からシステム設計、運用保守にいたるまでの工程を管理する力を求められる。単にプログラム関連の知識だけではなく、対応するハードウエアの知識などにも詳しく、最適な設計、開発手法の選択をしてシステム開発を成功に導くことがミッションとなる。

制御・組み込み系PG(プログラマ)は開発工程を担当

PG(プログラマ)は、主にプログラムを作成する開発・製造工程からテストまでを担当する職種となる。制御系や組み込み系で使う言語の知識、ハードウエアの知識は専門的な深さが求められ、SE(システムエンジニア)の設計が実現できるプログラムを作成し、不具合なく動くようにテストを行う。

制御・組み込み系開発はどんな会社で仕事をする?

制御・組み込み系開発の活躍分野は、今やあらゆるところにある。エアコンや冷蔵庫などの生活家電、コンビニやスーパーで使われるPOSシステム、自動車の制御など、生活のあらゆる場面で組み込み系のコンピューター制御にお世話にならない日はない。
さらに、IoT(モノのインターネット)が世界的にすさまじいスピードで普及していて、これまでマイコン制御とは関係なかったモノにまで、センサーや通信機能がつけられるようになってきている。制御・組み込み系開発ができる人材は、これからさらに求められるようになると考えられる。

おわり